12月15・16日は Marine&Walk “Xmas Market”へ

2018年12月15・16日に横浜のMarine&Walkで開催されているXmas Marketに出店するManomadeブースでna moku ‘ehaを紹介させて頂きます。海の横に佇む超お洒落な商業施設に”SCRAP WOOD(廃材)”、”GREEN”、”NATURAL”をテーマにこだわりあるショップが勢揃いします。 12月15日・16日の出店者情報 SCRAP WOOD SHOP
coast17
MANOMADE Inc.
GREEN SHOP
gröna tred
One Green Concept.
Botanical56
RYOKKYO GARDEN
ハルカゼフラワー
代官山の小さなお花のアトリエ ラフィーユ
greeeenface
irotoiro
NATURAL SHOP
LA TENTE ISLAISE
ぶち木工 marine&walk

海と森のマルシェ

11月17日(土)大阪のホテル・ロッジ舞洲にて開催される「海と森のマルシェ」のMANOMADEブースにてna moku ‘ehaのご紹介をさせて頂きます。 —イベント情報—
ホテル・ロッジ舞洲にて月に1度のマルシェ、
「海と森のマルシェ」を開催いたします。
買う・食べる・飲むが楽しめる20店舗が集結。
あじさいマルシェでおなじみの店舗も!
情報は公式インスタグラム・Facebookにて更新中!
#osakaumitomori
皆様のお越しをお待ちしております。
日程:11月17日(土)
時間:10:00~18:00
住所:〒554-0042 大阪市此花区北港緑地2-3-75
入場無料、ホテル無料送迎バス 7時~23時運行
 JRユニバーサルシティ駅 毎時40分発
 ホテル・ロッジ舞洲  毎時15分発
※次回開催は12月8日予定  

ハンギングに安心・便利な不織布の植木鉢

天井や壁に金具をつけて、植物をぶら下げたいが不安だという問題を、軽くて柔らかい不織布ポットが解決します。ホームセンターや裁縫・レザークラフトの資材屋さんなどで簡単に入手できるハトメと皮ひもを使ってna moku ‘ehaをハンギングしてみましょう。 軽いので壁や天井への負担は極めて小さく、また万が一落ちたとしてもケガの心配も極めて少ない。安心、便利な不織布のハンギングポットは如何でしょうか?

「雪峰祭 2018 秋」にて新たなご提案

雪峰祭2018秋
Snow Peak 「雪峰祭 2018 秋」manomadeブースにて
na moku ‘ehaの利用幅を大きく広げる新たなご提案をご用意します。
乞うご期待!! 場所:Snow Peak 箕面キャンプフィールド 日時:2018年10月20日11:00~16:00 詳しくはコチラ : https://www.snowpeak.co.jp/event/seppousai/minoh/  

新たにサイズ展開が広がりました。

不織布プランターのサイズ展開
9月からna moku ‘ehaに新しいサイズ”SS”が加わりました。
一般的なビニールポットがすっぽり納まるS,Mサイズに加え、多肉植物の寄せ植えなどにちょうど良いサイズ感のSSサイズです。
Sサイズと同じ直径にして少し浅い寸法です。
リリース早々に人気です。 Mサイズ(直径:107mm/高さ:125mm)
Sサイズ(直径:87mm/高さ:85mm)
SSサイズ(直径:87mm/高さ:65mm)

Local green festival 2018 に出店しました。

2018年9月1日、2日と横浜赤レンガ倉庫にてlocal green festival 2018に出店いたしました。
天気予報によると雨、雨の2日間とのことで覚悟しておりましたが奇跡!なんと両日とも雨降らず、今年の酷暑を忘れさせられるような過ごしやすい2日間となりました。
イベントはグリーンをテーマにした秋フェスだけあり、植物や自然を愛し、また環境問題に意識高いお客様が多く、われわれの活動に対しても沢山の賛同と応援のお言葉を頂いた2日間でした。
是非!来年も出店したいと思います。(green roomさんよろしくお願いします!笑)

na moku ‘ehaについて

不織布の植木鉢ができるまで
産業廃棄物として焼却される端切れに新たに宿る小さな命 インテリア業界からでた端切れが日々焼却され、二酸化炭素となって地球温暖化に拍車をかけています。我々はその現状を重く見て、まず、この端切れの焼却量を減らすべくリサイクル計画を施し(CO2削減)さらには、二酸化炭素を吸収して酸素を生む植物を育てるプランターに生まれ変わらせよう(O2産出)という環境保護プロジェクトを発足し”na moku ‘eha”は誕生しました。